チワン族(壮族)

配信日時:2006年5月8日(月) 0時0分
チワン族(壮族)
画像ID  27615
◆人口/ 
人口は1617万8811人。

◆地域/ 
チワン族は少数民族の中で人口の最も多い民族である。主に広西チワン族自治区、雲南省の文山チワン族ミャオ族自治州に居住し、わずか一部が広東省、湖南省、貴州省、四川省などに散在している。

◆言語/ 
チワン語は漢・チベット語系のチワン・トン語族チワン・タイ語分支に属し、南北二大方言に分かれる。チワン族の人たちのほとんどは漢語(北京語)を使用している。

◆宗教/ 
昔、チワン族の人たちは自然崇拝と多神崇拝などの原始宗教を信奉していた。

◆歴史/
チワン族は中国の少数民族の中で人口の最も多い民族であり、中国嶺南地区(広東・広西の地を指す)の原住民族として長い歴史を持っている。数万年前から、チワン族の祖先たちはすでに中国の南方で生活していた。春秋戦国の頃は百越の一部であった。宋朝以降においては、「僮」「土」などの呼称で史書に記載されている。各地のチワン族の人たちは20余りの自称をもち、1949年、新中国成立後に「僮」に統一された。1964年に、周恩来総理の提案により、国務院の認可を得て、「僮」を「壮(チワン)」に変え、チワン族の精神的様相をいっそう表わすものとなった。

◆文化/ 
チワン族の人たちは主に農業を生業とし、米やトウモロコシの栽培をしている。チワン族の人たちは歌を好み、彼らの人たちの住んでいる村は「歌の海」とも称えられている。美しいチワン錦織はチワン族の伝統的な工芸品であり、国内外で知られている。


その他の写真
最新ニュースはこちら

SNS話題記事