コンサートでの口パクは御法度!禁止条例で初の有罪判決―中国

配信日時:2010年4月15日(木) 10時6分
コンサートでの口パクは御法度!禁止条例で初の有罪判決―中国
画像ID  243927
2010年4月11日、ロイター通信は、中国で初めて口パク禁止条例違反による有罪判決が下されたことを報じた。写真は北京五輪後、大人気子役となった林妙可ちゃん。
2010年4月11日、ロイター通信は、中国で初めて口パク禁止条例違反による有罪判決が下されたことを報じた。

その他の写真

口パク問題が取りざたされたのは北京五輪でのこと。開幕式に登場した少女・林妙可(リィン・ミャオコー)ちゃんが美しい歌声を披露したが、後に別人の吹き替えだったことが判明した。2009年には「営業的演出管理条例実施細目」が公布され、「口パク、カラオケ演奏などで観客を騙す行為」が明確に禁止された。

この口パク禁止条例で初めて有罪判決を受けたのが方梓媛(ファン・ズーユエン)、殷有燦(イン・ヨウツァン)の2人。昨年、四川省成都市で開催されたコンサートで、2人のマイク音量はゼロに設定されていたという。1人当たり5万元(約68万円)の罰金が科された。

同事件を取り上げた9日付北京日報は、「多くの歌手が口パクをしているのに、なぜ無名の役者2人だけが摘発されたのか」と疑問を投げかけた。今回の摘発を担当した四川省文化庁関係者は「あらゆるコンサートで厳しく監視し、口パクを撲滅する」とコメントしているが、他地域で同じように取り組むのはそんなに難しいことだろうかと問いかけている。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事