ツィイーとコン・リーが「トップ女優」争い!ウォン・カーウァイ作品で共演―香港

配信日時:2009年12月7日(月) 11時17分
ツィイーとコン・リーが「トップ女優」争い!ウォン・カーウァイ作品で共演―香港
画像ID  229410
2009年12月6日、ウォン・カーウァイ監督作品「一代宗師」で、コン・リーとチャン・ツィイーの2大女優が共演するという。写真はチャン・ツィイー。
2009年12月6日、ウォン・カーウァイ(王家衛)監督作品「一代宗師」で、コン・リー(鞏俐)とチャン・ツィイーの2大女優が共演するという。NOWnewsが伝えた。

その他の写真

映画「一代宗師」は、カンフースターの故ブルース・リーの師匠で「詠春拳」の達人、イップ・マン(葉問)を描く作品。主演は人気俳優のトニー・レオン(梁朝偉)で、その妻役にチャン・ツィイーの出演が伝えられている。

香港メディアの報道によると、イップ・マンのライバル流派の女性後継者役で、コン・リー(鞏俐)の出演がほぼ確定。2004年の映画「2046」では、脚本を用意せず撮影現場で役者を動かすウォン監督のやり方に、「時間を浪費させるだけ。私は女優の実習生じゃない」と不満を口にしていたコン・リーだが、本格アクションを求められる同役の挑戦性に、あらためて意欲を見せているという。

同じくチャン・イーモウ(張芸謀)監督に抜擢されたのがきっかけで、人気女優の道を歩み始めたコン・リーとツィイー。ハリウッド進出という選択も同じで、中国トップ女優争いとして何かと比較される存在だけに、2人の共演は同映画にとってこれ以上ないほどのセールスポイントになるだろう。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事