激太りチョン・ジヒョンがスリム美人に、映画「ラスト・ブラッド」発表会―香港

配信日時:2009年6月1日(月) 18時40分
激太りチョン・ジヒョンがスリム美人に、映画「ラスト・ブラッド」発表会―香港
画像ID  206014
2009年5月31日、映画「ラスト・ブラッド」の発表会が香港で行われ、主演の韓国人女優チョン・ジヒョンが出席した。
2009年5月31日、映画「ラスト・ブラッド」の発表会が香港で行われ、主演の韓国人女優チョン・ジヒョンが出席した。香港文匯報が伝えた。

その他の写真

香港では「血戦新世紀」のタイトルで、来月4日から公開の「ラスト・ブラッド」。この日の発表会では、主演のジヒョンが黒いコスチュームに身を包み、ワイヤーで空中から登場し、会場の観客を驚かせた。

アクション作品は今回が初チャレンジのジヒョンだが、出演シーンの大半は代役を使わず自ら演じているという。小雪はじめ出演者の中で、「一番ケガが多かった」というジヒョンだが、ワイヤーに吊られっぱなしの撮影では、「世界で自分一人が取り残された感じで、孤独だった」と話していた。また、今後のアクション作品出演については、今回の映画があまりにハードだったのか「考えていない」と答えている。

スリムで均整のとれたプロポーションから、昨年は激太りでファンを驚かせたジヒョン。3年ぶりに訪れた香港では、映画のアクション効果か元のスレンダー美人に戻っていた。また、2006年の映画「デイジー」でジヒョンを起用したアンドリュー・ラウ(劉偉強)監督も激励に登場。「また一緒に作品をつくりたい」とラブコールを送っている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事