携帯電話のNokia、2011年にノートPC市場参入か―中国メディア

配信日時:2009年3月2日(月) 13時37分
携帯電話のNokia、2011年にノートPC市場参入か―中国メディア
画像ID  191505
2月28日、世界最大手の携帯電話メーカーNokia(ノキア)が2011年にノートブック型パソコンの市場に参入すると伝えられた。資料写真。
2009年2月28日、海外メディアの報道と関係者からの情報によると、世界最大手の携帯電話メーカーNokia(ノキア)は台湾のPCメーカーおよび電子機器サービス会社と共同でノートブック型パソコンの生産に踏み切るという。中国大手ポータルサイト「新浪」科学技術版が伝えた。

その他の写真

報道ではノートパソコン受託生産世界第2位の仁宝電脳工業株式会社と携帯電話機メーカーの富士康(Foxconn)がNokiaのパートナーと見られている。Nokiaのオリペッカ・カラスブオ最高経営責任者(CEO)は25日、「ノートPC市場への参入を考えている」と発表した。昨年にも同様の報道があったが、今回の同氏による発表はこれを初めて正式に認めたものとなる。

Nokiaが開発するノートPCは英ARM社のマイクロコントロールを使用し、2011年に市場参入するとの報道もある。英市場調査会社CCS Insightの調査ディレクター、ベン・ウッド氏は「世界をリードする移動ネットワーク運営会社と小売業者はノートPC分野で発展を遂げており、Nokiaがこの分野への参入を考えても不思議ではない」と述べている。(翻訳・編集/本郷)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事