韓国大統領府が隠しカメラを購入していた!野党が批判「興信所か」=韓国ネット「国民は指導者を選び間違えた」「ふざけた事件がこうも毎日…」

配信日時:2014年12月18日(木) 19時48分
韓国大統領府が隠しカメラを購入していた!野党が批判「興信所か」=韓国ネット「国民は指導者を選び間違えた」「ふざけた事件がこうも毎日…」
画像ID  447506
17日、韓国紙・ハンギョレによると、韓国野党・新政治民主連合の議員は大統領府が隠しカメラを購入していたことについて「大統領府は興信所か」と批判した。資料写真。
2014年12月17日、韓国紙・ハンギョレによると、韓国野党・新政治民主連合の議員は非常対策委会議で、大統領府が隠しカメラを購入していたことについて「大統領府は興信所か」と批判した。

その他の写真

新政治民主連合の朴智元(パク・チウォン)議員は朴槿恵(パク・クネ)大統領の「陰の実力者」による国政介入疑惑に言及し、「大統領府第2付属秘書官室が腕時計型の隠しカメラを購入していた」と指摘、「大統領府は興信所か。演説を記録するのにどうして隠しカメラを使うのか」と批判した。「朴槿恵政権は2年目にしてすでに政権末期の症状が見える」と続けた。

また、新政治民主連合の崔敏姫(チェ・ミンヒ)議員はこれに先立ち、16日に開かれた国会緊急懸案質問で「大統領府は昨年5月に腕時計を2点購入しているが、録音も動画撮影もできる隠しカメラだ」と指摘していた。「大統領府内部の権力闘争と関係がある」と主張している。

問題の時計型隠しカメラを購入したことについて、大統領府の閔庚旭(ミン・ギョンウク)報道官は、「大統領が出席する行事などで出席者の話を記録するために購入したものだ。大勢の人が話していると声だけでは誰が誰だか分からないため、顔も撮影できるカメラを購入した」と説明した。

これを受けて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「大統領府はチラシ(※文書流出疑惑を受けて朴大統領が騒動をチラシとしたことから)も作るし、興信所の役割もするし、今度はドラマ制作も始めた」

「顔まで撮影したいなら堂々とビデオカメラを使えばいいのに、なんで隠しカメラ?」

「監視国家そのものだ。監視したところで秘密がなくなるとは思えない」

「チラシ政権には興信所がお似合いだ」

「隠しカメラ報道は世界レベルのトピックだ。どの国も愚かな国民が指導者を選び間違えて国を自滅させる」

「朴大統領を守るためのふざけた事件が毎日のように起きている」

「興信所とは何をするところだ?女王様が暮らす場所か?」

「閔庚旭報道官はセウォル号惨事のときも大統領府は司令部ではないと発言していたよな」

「隠しカメラで撮影した映像は誰に見せるつもりだったんだろう?」(翻訳・編集/久保)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事