対馬で仏像盗んだ韓国人5人逮捕=韓国ネットは「英雄」か「国辱」かで割れる

配信日時:2014年11月26日(水) 12時23分
対馬で仏像盗んだ韓国人5人逮捕=韓国ネットは「英雄」か「国辱」かで割れる
画像ID  444709
25日までに、長崎県警対馬南署は、対馬市美津島町の梅林寺の倉庫から、市指定の有形文化財「誕生仏」を盗んだとして韓国人の男5人を逮捕した。写真は香港にある大仏。
2014年11月25日までに、長崎県警対馬南署は、対馬市美津島町の梅林寺の倉庫から、市指定の有形文化財「誕生仏」(高さ約10.6センチ)を盗んだとして韓国人の男5人を逮捕した。

その他の写真

対馬南署によると、5人は24日午前10時ごろから午後1時50分ごろ、寺に隣接する倉庫に侵入し、仏像を盗んだ。同署は300冊以上の経典「大般若経」も押収しており、仏像と一緒に盗んだ疑いで捜査している。

24日午後2時ごろ、寺の住職が仏像がないのに気付き同署に通報。午後4時ごろ、署員が市南部の厳原港で、韓国に出国しようとしていた男らに職務質問。仏像を所持していたため逮捕した。5人のうち3人は容疑を否認している。

対馬市では2012年にも韓国人窃盗団により、神社などから、国指定重要文化財「銅造如来立像」と県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」の2体が盗まれる事件が起こっている。仏像は韓国内で警察当局に押収されたが、日本への返還の是非をめぐって外交問題化。返還はまだ実現していない。

韓国のネットユーザーからは「国のために頑張った」と賞賛する声がある一方、「情けない。日本に奪われた文化財を返せと言えなくなる」と憤慨する指摘もみられる。(編集/KO)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事