Record China

ヘッドライン:

釜山国際映画祭に「真夜中の五分前」の行定勲監督、三浦春馬らが登場―中国メディア

配信日時:2014年10月10日(金) 20時50分
拡大
9日、第19回釜山国際映画祭が今月2日午後に開幕した。オープニングレッドカーペットには、映画「真夜中の五分前」のメガホンを取った行定勲監督が、主演を演じた女優のリウ・シーシーや俳優の三浦春馬、ジョセフ・チャンと共に登場し、注目を集めた。
(1/4枚)

2014年10月9日、第19回釜山国際映画祭が今月2日午後に開幕した。オープニングレッドカーペットには、映画「真夜中の五分前(中国題:深夜前的五分鐘)」のメガホンを取った行定勲監督が、主演を演じた女優のリウ・シーシー(劉詩詩)や俳優の三浦春馬、ジョセフ・チャン(張孝全)と共に登場し、注目を集めた。同映画のメインキャストが、揃って登場するのはクランクアップ後初めて。

その他の写真

同映画祭でワールドプレミア上映される同作品について、行定監督は、「世界の評価を非常に期待している」としている。

同映画をめぐって、中国では、「豪華キャストというのが第一印象」という声が高い。今回、クランクアップ後初めて、メインキャストが揃って登場し、ファンらにとってはうれしい一時となった。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)

関連記事

韓国抗日映画「鳴梁」の監督、「日本人が歴史を知るきっかけに」日本公開を希望=韓国ネット「やりすぎだ」

5日、韓国メディアによると、韓国で大ヒットした映画「鳴梁」の監督が、「鳴梁」の日本公開を希望している理由を明らかにした。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は池袋の映画館。

Record China
2014年10月7日 6時47分
続きを読む

ランキング