Record China

ヘッドライン:

<ボクシング>銅メダル拒否のインド選手を調査へ=中国ネット「まず審判を調査しろ!」「いったい誰が…」

配信日時:2014年10月3日(金) 3時25分
拡大
2日、仁川アジア大会のボクシング女子ライト級の表彰式で、銅メダルを拒否したインド選手に対して、国際ボクシング協会が調査に乗り出すことがわかり、中国のインターネット上で大きな話題となっている。資料写真。
(1/2枚)

2014年10月2日、仁川アジア大会のボクシング女子ライト級の表彰式で、銅メダルを拒否したインド選手に対して、国際ボクシング協会(AIBA)が調査に乗り出すことがわかり、中国のインターネット上で大きな話題となっている。

その他の写真

9月30日に行われた女子ライト級準決勝で、インドのサリタ・デビは地元韓国のパク・ジンアと対戦。試合はデビがやや優勢のようにも見えたが、判定は0−3でパク・ジンアの勝利。試合後、インドチームは猛抗議したが、結果は覆らなかった。

1日の表彰式で、涙を流したダビは銅メダルを首にかけられるのを拒否。すべてのメダルが配られた後に、銀メダルを獲得したパクの首に銅メダルをかけた。その際、「この銅メダルはあなたと韓国のもの。あなたには銅メダルしか似合わない」と述べたという。

この騒動について、AIBAは声明で、「表彰式は入念に仕組まれたストーリーのようだった。このような行為はオリンピックスポーツの公平な競技精神に背くものだ」として、調査を求めたことを明かした。

この一連の騒動について、中国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。

「納得いかない」

「審判を先に調査すべき」

「国際ボクシング協会は何を考えてるんだ?」

「ジャッジを調査しないのはなぜ?」

「インド選手を支持する」

「インドの選手が『公平な競技精神に反した』?じゃあ韓国は公平なのかよ」

「韓国人の恥知らずめ」

「韓国スポーツは昔から審判を買収している。いつかのワールドカップのようにな!」

「選手があんなに大泣きしてるのに、メダルを持ってきたお姉ちゃんはずっと満面の笑顔だったな」

「オリンピック精神だと?よく言うよ」

「おかしなスポーツ精神だな」

「国際ボクシング協会に聞きたい。いったい誰が『オリンピックスポーツの公平な競技精神に背いた』のか」(翻訳・編集/TK)

関連記事

国際ボクシング協会、銅メダル拒否のインド選手を調査へ=「入念に仕組まれたストーリー、公平な競技精神に背く」

2日、新浪体育によると、仁川アジア大会のボクシング女子ライト級の表彰式で、インドのサリタ・デビが、銅メダルの受け取りを拒否したことについて、国際ボクシング協会が調査に乗り出すとの声明を発表した。資料写真。

Record China
2014年10月2日 17時52分
続きを読む

ランキング