2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国版ビョーク! アジアの歌姫サー・ディンディンが衝撃の世界デビュー

配信日時:2007年6月27日(水) 14時0分
中国版ビョーク! アジアの歌姫サー・ディンディンが衝撃の世界デビュー
画像ID  74398
2007年6月25日、中国音楽界で最もアツイ視線を集めている、サー・ディンディン(薩頂頂)が、UNIVERSAL MUSICより世界デビュー。美しい歌声とエキゾチックなメロディで独特の幻想的な空間を創りだし、人々を魅了している。
2007年6月25日、中国音楽界期待の新星、サー・ディンディン(薩頂頂)が世界デビュー。仏教やモンゴル、チベットなどの大自然をモチーフにした独特の音楽世界と、ビョーク、エニグマ、Deep Forestを思わせる個性的な歌声で、新世代のチャイナ・ポップを担うアーティストとして、中国だけでなく世界の音楽シーンで今、アツイ視線を集めている。

その他の写真

サー・ディンディン(薩頂頂)は、1983年12月27日、北京生まれ。幼いころ、祖母が住む内モンゴルで過ごしたことから、少数民族の音楽やモンゴル人が信仰するチベット仏教に惹かれ、独学でチベット語やサンスクリット語(梵語)を学び、かつて栄華を誇った仏教史跡を訪れるなどして、「仏教文化」への理解を深めたという。

その一方で、北京の音楽学院でポップ・ミュージックの作曲などを専攻、2000年には中国中央テレビ(CCTV)が主催した歌謡コンクールで銀賞を受賞。翌年、当時流行していたテクノサウンドを中心としたデビュー作『Dong Ba La』を発表。このころから、作曲だけでなく歌とパフォーマンスにも興味を持つようになり、当時としては珍しいアーティスト志向の強いスタンスが固まっていたという。

2006年には、映画『ヒマラヤ王子』(2006年12月新宿の中国☆上海映画祭のオープニング作品)で、「聖なる香り」が主題歌に起用され、国内外から注目を集めた。2006年には、グラミー賞授賞式に中国人歌手として初めて招待され、さらにマドンナ、U2、ストーンズのRemixを手がけるDJであり、ハリウッド映画音楽界も手がけるポール・オーケンフォールドがコラボレーションを企画するなど、活躍の場を広げているなか、ついに6月25日、アルバム「アライブ(ALIVE、万物生)」でUNIVERSAL MUSICより世界デビューを果たした。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事