日本の債務残高が1000兆円を突破、GDP対比では韓国の5倍=韓国ネット「先進国とは言えない」

Record Korea    2022年5月13日(金) 7時30分

拡大

東京10日、韓国・ソウル新聞は「日本の借金が史上初めて1000兆円を超えた」と報じた。資料写真。

2022年5月10日、韓国・ソウル新聞は「日本の借金が史上初めて1000兆円を超えた」と報じた。

財務省は10日、税収で返済しなければいけない国の長期債務残高が3月末の時点で1017兆1072億円になったと発表。これは18年連続で最高値を更新しており、1000兆円を超えたのは今年が初めてだという。新型コロナウイルス対策の財源を確保するため、国債の発行を増やしたのが決定的な原因とみられている。

また、日本は昨年10~12月期時点における国内総生産(GDP)に対する政府債務残高が247.3%で、韓国(45.6%)の5.4倍に達している。日本の債務残高はGDPの2倍を超えているため、主要先進国の中で最も高い水準にあるという。

こうした中、安倍晋三元首相は9日、大分市で開かれた講演において、日本銀行が多額の国債を買い入れていることについて、「1000兆円ある借金のうち半分は日本銀行が買って回っている。日本銀行は政府の子会社だから、何回でも借り換えて構わない」と発言したとのこと。これは日本の莫大(ばくだい)な負債額について「心配する必要はない」という趣旨で主張されたとされるが、「中央銀行の独立性を正面から否定したという意味で批判を浴びている」と記事は伝えている。

韓国のネットユーザーからは、「5年後にはG20まで落ちてそう」「異常な状況ではある」「数字だけの問題ではなく、日本国民の所得はもはや先進国とは言い難い水準まで低下している」「謝罪も反省もせず、変化も受け入れられないから発展もしない。なのにプライドだけは高いよね」など、日本に対する批判的な声が多く寄せられている。

一方で、「いつも日本は滅びると言われているけど、きっと生き延びると思うよ」「負債でつぶれることはない」「日本だけの問題ではなく、韓国も同じ」など、擁護するようなコメントも見られた。(翻訳・編集/丸山

※記事中の中国をはじめとする海外メディアの報道部分、およびネットユーザーの投稿部分は、各現地メディアあるいは投稿者個人の見解であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携