最小限の社会的コスト、最短の期間で感染抑制を=外交部

CRI online    2022年5月12日(木) 12時10分

拡大

外交部の趙立堅報道官は、中国の「動的ゼロコロナ政策」は最小限の社会的コストによって最短の期間で感染を抑制し、最大限に人民の生命や健康、正常な生産と生活秩序を保障するものであると強調しました。

外交部の趙立堅報道官は11日の定例記者会見で、中国の新型コロナ対策への世界保健機関(WHO)関係者からの見方について、中国の「動的ゼロコロナ政策」は感染ゼロを求めるものではなく、最小限の社会的コストによって最短の期間で感染を抑制し、最大限に人民の生命や健康、正常な生産と生活秩序を保障するものであると強調しました。

趙報道官はさらに、「中国の大部分の地域で、大部分の民衆が正常な生産活動と生活をしており、中国全土の感染率と死亡率は世界の最低水準を保っている。英医学誌『ランセット』が3月に掲載した論文によると、新型コロナに関連する死者数は世界で推定1820万人に上る。死亡率は平均して10万人に120人だが、米国は179人、中国は0.6人である。これはまさに『動的ゼロコロナ政策』を続けてきた成果である。我々の防疫措置は科学的で効果的なものだ。中国が世界で感染症対策に最も成功した国の一つであることは言うまでもない」と強調しました。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携