中国、リモートセンシング衛星「吉林1号広域01C」の打ち上げに成功

CRI online    2022年5月9日(月) 13時30分

拡大

中国山西省にある太原衛星発射センターで5日、運搬ロケット「長征2号D」によって、リモートセンシング衛星「吉林1号広域01C」や「吉林1号高解像度03D」など衛星8基が打ち上げられました。

中国山西省にある太原衛星発射センターで5日午前10時38分、運搬ロケット「長征2号D」によって、リモートセンシング衛星「吉林1号広域01C」や「吉林1号高解像度03D」など衛星8基が打ち上げられました。打ち上げは成功し、主たる衛星は予定された軌道に順調に投入されました。

「吉林1号広域01C」は主に、国土資源、鉱物資源開発、スマートシティ建設などの分野に対して、リモートセンシングを利用した商用データサービスを行います。今回の打ち上げは「長征」シリーズの運搬ロケットの419回目の打ち上げでした。(提供/CRI

※本記事はニュース提供社の記事であり、RecordChinaの立場を代表するものではありません。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携