Record China

ヘッドライン:

中国人が散らかした会場を日本の子どもが掃除=「震え上がった」「恥ずかしくてたまらない!」―中国ネット

配信日時:2014年6月3日(火) 10時25分
拡大
2日、中国河南省鄭州市で1日に行われたストリートダンスの国際大会での、日本の子どものある行動を中国ネットユーザーが称賛している。資料写真。
(1/2枚)

2014年6月2日、中国河南省鄭州市で1日に行われたストリートダンスの国際大会での、日本の子どものある行動を中国ネットユーザーが称賛している。

その他の写真

あるネットユーザーは2日、中国版ツイッター上にこの会場に居合わせた人物の話として「今日、中国人として最も恥ずかしかったのは、大会の成績ではなかった。大会が終わった後、中国の親子が散らかしたごみや瓶を日本の子どもたちが自ら拾い上げ、一つ一つごみ箱に入れていったことだった。しかも、彼らは楽しそうに笑みを浮かべていた。一方は、素知らぬ顔で引きあげていく中国の観衆、もう一方はごみを片付ける日本の子ども。会場にいた私たちは、震え上がった。恥ずかしくてたまらなかった。どんなにダンスが上手でも、素養のある教育がなければ成長することはない」と書き込んだ。

この書き込みに、中国版ツイッターには以下のようなコメントが集まっている。

「日本の子どもは素晴らしい!」
「会場にごみ箱なかったの?」
「言っても駄目なら言わない方がマシ」

「民族の未来に関わることだ」
「次に自分がどう行動するかが大事!」
「国家の文明の差だろう。実現には時間がかかる」

「教育だ。子どもたちに人としての行為をおろそかにさせてはならない」
「日本という国を重視しない理由があるか?我々は本当に反省しなければならない」
「どんなに日本を批判する人がいようと、日本は確かに学び、尊敬する価値のある国。民族の素養はどれほど大切か」

「私は日本で同じようなことを実感した。中国と日本のストリートダンスはまったく別物。国内にはない多くのものが備わっている」(翻訳・編集/北田

関連記事

「反日の親父がついにキレた!」の書き込みに、「軍に入隊させな」「きっちり洗脳されてる」―中国ネット

29日、中国国防部の耿雁生報道官は、昨年、自衛隊機が中国軍機に10メートルまで接近したと明かした。一方、中国のネット掲示板に「親父がついにキレた」と題するスレッドが立った。写真は10年11月、珠海航空ショーでアクロバット飛行をした中国の国産戦闘機J10。

Record China
2014年5月31日 3時9分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング