インド、中央アジア5カ国と合同作業部会設立へ、中国と影響力争う―米華字メディア

Record China    2022年2月2日(水) 6時20分

拡大

多維新聞によると、アフガニスタンのタリバン政権と中国が頻繁に接触する中、中国と地域での影響力を争うインドは、アフガニスタン問題をめぐり中央アジアの5カ国と合同作業部会を設立することを決定した。

米国の中国語ニュースサイトの多維新聞によると、アフガニスタンのタリバン政権と中国が頻繁に接触する中、中国と地域での影響力を争うインドは、アフガニスタン問題をめぐり中央アジアの5カ国と合同作業部会を設立することを決定した。

記事によると、インドと中央アジアの5カ国は1月27日、アフガニスタンの人道的危機の解決に向けた援助とタリバン政権の承認に関する問題に取り組むための合同作業部会を設立することを決定した。

インドのモディ首相は、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンの指導者とのオンラインサミットを主宰した。

サミット後に発表された共同声明は、「真に代表的で包摂的な政府」の形成や、テロや麻薬密売との闘いなど、アフガニスタンをめぐる問題について幅広い地域的な共通認識に達したとしている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携