文大統領、北京冬季五輪開会式は欠席が濃厚=韓国ネットは反発「北朝鮮が来ないから」

Record Korea    2022年1月13日(木) 14時20分

拡大

韓国大統領府は、文在寅大統領が2月に開かれる北京冬季五輪の開会式に出席を検討していないことを明らかにした。写真は北京五輪開閉会式の会場である国家体育場(愛称・鳥の巣)。

韓国大統領府は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2月に開かれる北京冬季五輪の開会式に出席を検討していないことを明らかにした。1月12日、韓国メディア・ハンギョレが報じた。

記事によると大統領府の関係者は12日、「文大統領の北京冬季五輪出席問題はどのように進行中か」との記者の質問に対し、「現在、文大統領の五輪出席は検討しておらず、慣例を参考に適切な代表団を派遣するよう検討中」と回答。また、「韓国政府は北京冬季五輪が2018年の平昌や21年の東京からつながる『リレー五輪』として、北東アジアと世界の平和・繁栄および南北関係改善に寄与することを望むという基本的な立場を有している」と語ったという。

文大統領は21年12月に豪州を訪問した際、記者会見で「韓国政府は外交的ボイコットを検討していない」と公言。バイデン米大統領が主導し、英国や豪州などの同盟国が「外交的ボイコット」に賛同を示す中、文大統領は「経済的な側面において中国との関係も非常に重要。韓国にとっては朝鮮半島の平和と安定、そして北朝鮮の非核化のためにも中国の建設的な努力が求められる」と話していた。記事は「そのため今回の北京五輪は、文大統領の代わりに金富謙(キム・ブギョム)首相または黄熙(ファン・ヒ)文化体育観光部長官らで代表団を構成すると予想される」と伝えている。

また大統領府の関係者は、文大統領が中国の習近平国家主席と今月末にオンラインで首脳会談を行う可能性について、「まだ何も決定していないが、首脳間の交流の重要性を考慮し双方から疎通を行っている」とし、「中韓両国は首脳をはじめ各クラスの交流の重要性を理解しており、コロナ禍の中でも多様な方法で戦略的コミュニケーションを強化していこうという共通意識を持ち、疎通を続けている」と話したという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「中国から来なくていいと言われたのかな。かわいそうに」「米国がボイコットを呼びかけた時には拒否したのに、金正恩(キム・ジョンウン)が出席しなくなったから行くのをやめたんだね」「せっかく最後に夫婦で中国旅行を準備中だったのに、金正恩が来ないから行く理由を失ったか」「今の韓国の状況を分かってる?世界平和の前に、自国の平安では?」「むしろ行こうとしていたのなら腹が立つ」「相変わらず顔色ばかりうかがってるね」など、文大統領に対する批判の声が数多く寄せられている。 (翻訳・編集/丸山

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携