米中間のはざまの韓国、中国外相の訪問前に「アッと驚く」決定―中国メディア

Record China    2021年9月13日(月) 7時0分

拡大

中国メディアの人民網は11日、「米国につくのか中国か? 王外相がまだ飛行機を降りない時点で、韓国は西側が予想もしない決定」と題する記事を発表した。

中国の王毅外相は10日から15日にかけて、ベトナム、カンボジア、シンガポール、韓国を公式訪問中だ。中国メディアの人民網は11日、「米国につくのか中国か? 王外相がまだ飛行機を降りない時点で、韓国は西側が予想もしない決定」と題する記事を発表した。

記事は、米国の最近の対中圧力政策を「徒党を組み派閥結成」「全世界が中国を包囲して阻止」と表現。韓国は東アジアにおいての「言いくるめて仲間に入れる」重点対象であり、バイデン大統領が韓国の文在寅大統領に会話の機会を与えたことからも米国の「韓国重視」が見えてくると論じた。

記事は一方で、韓国側の態度は非常に慎重であり、日本と同様な「(米国への)屈服」はしていないと主張。また中国はバイデン政権の外交攻勢に対抗しており、そのために王毅外相は多忙な状態が続いていると説明した。

記事は、「王外相がまだ飛行機を降りない時点で、韓国は西側が予想もしない決定をした」と主張。その論拠としてまず、韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相が、韓国にとっては米中ともに極めて重要な国であり、「米中は二者択一の選択肢ではない」と発言したことを挙げた。

中韓国交成立29周年である8月24日には「中韓関係未来発展委員会」が発足した。韓国の鄭外相は同委員会の発足式典で「中韓は互いに隣国であり、積極的な協力を展開してきた。新型コロナウイルス感染症に直面し、両国は北東アジア感染症対策協力メカニズムを設立し、感染症対策の協力についての模範となった」と述べ、さらに、両国は現在の成果を土台に協力を強化し、両国国民が両国の協力の成果を実感できるようにせねばならないと論じたという。

同発足式典では王外相も、新型コロナウイルス感染症に対する中韓両国の協力を強調し、「目下のところ、国際間と地域の情勢は複雑かつ深く変化しつつある。中韓の友好と協力の一層の強化は徳の勢いに順応し、民心に合致し、双方の根本的利益に適合するものだ」と表明したという。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携