中国人1000万人近くがファーウェイの孟晩舟氏釈放のオンライン署名―中国メディア

人民網日本語版    2021年8月21日(土) 0時10分

拡大

環球時報による、米国に迫害された中国国民・孟晩舟氏の釈放をカナダに要求する「世界ネットユーザー署名活動」は、18日午後11時の開始からわずか24時間で1000万筆近くに達した。

環球時報による、米国に迫害された中国国民・孟晩舟(モン・ワンジョウ)氏の釈放をカナダに要求する「世界ネットユーザー署名活動」は、18日午後11時の開始からわずか24時間で1000万筆近くに達した。中国の人々はオンライン署名によって、一人の中国国民がカナダで不公正な待遇を受けていることへの一致した注視と、カナダ政府への強い不満を表明している。

これほど多くの署名が集まったことについて、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は19日の定例記者会見で、「これが中国の民意だ。カナダ側が耳を傾けることを望む」と表明した。

カナダの裁判所は現地時間18日、孟氏の引き渡しに関する審理を終えたが、まだ決定は示していない。孟氏の弁護士は「本件に詐欺行為はなく、いかなる損失も発生しておらず、リスクの因果関係に関するいかなる合理的な論述さえ行われていない」と強調した。

これについて華報道官は、「実際、法廷尋問で本件を審理するカナダの裁判官は、孟氏に対する米国の『詐欺』告発について、『不明確』『尋常でない』と繰り返し疑問を呈した。カナダ検察側の言い分は矛盾しており、全くつじつまが合わない。中国側は当初から、孟氏の事件は徹頭徹尾政治的な事件であると強調してきた。米政権がこの事件をでっち上げたのは決して法律上の理由などからではなく、真の目的は中国のハイテク企業を叩き、中国の科学技術の発展を妨害することにある。この点を証明する事実は増え続けており、そのように認識する人々も増え続けている」と指摘。

さらに、華報道官は「カナダは孟氏の事件において米国の共犯者である。カナダ国内には、カナダ政府に対して同国の引渡法に基づき孟氏に対する引き渡し手続きを止めるよう呼びかける識者が少なからずいる。我々はカナダ政府に対して、こうした正義の声に真剣に耳を傾け、独立自主の精神と勇気を示し、直ちに過ちを正し、孟氏を釈放して、できるだけ早く無事祖国に帰国させるよう要求する」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携