ノルウェー警察、3年前のサイバー攻撃「中国によるもの」=異例の名指し批判

Record China    2021年6月22日(火) 16時20分

拡大

ノルウェーの警察当局が3年前のサイバー攻撃は中国によるものとし、責任を負うべきとの考えを示した。

ノルウェーの警察当局が3年前のサイバー攻撃は中国によるものとし、責任を負うべきとの考えを示した。現地の中国大使館は強く反発、中国メディアの環球網も22日付で批判的にこれを伝えている。

ノルウェーの公共局NRKによると、2018年に首都オスロを含むノルウェー政府の関連機関がハイレベルなサイバー攻撃の標的になった。これにより、ノルウェーでは国防計画を含む国家機密を盗もうとするスパイ活動への調査が強化された。

ノルウェー国家公安警察(PST)の諜報機関の責任者は、サイバー攻撃によるデータはいずれも「APT31」と呼ばれるグループの関与を示しており、このグループは中国の政府機関と関連があると説明した。「APT31」は過去に米国やフィンランドなどでもサイバー攻撃を行った形跡があるという。

報道によると、ノルウェーがサイバー攻撃をめぐって明確に中国を名指ししたのは初めて。ただ、PSTは裁判所に提出するだけの十分なデータは得られていないとも述べている。

これを受け、駐ノルウェー中国大使館は「中国は一切のサイバー攻撃に関与したことも、またそれを支持したこともなく、そのような行為に断固反対し、打撃を与えてきた。中国に対する根拠のない批判に強く反対する」とし、「中国の技術発展は盗みによるものではなく、自らの努力の結果である」と主張した。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携