2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

カメラ写りバツグン?ピースしている仏像、撮られる―河南省洛陽市

配信日時:2014年5月7日(水) 21時49分
カメラ写りバツグン?ピースしている仏像、撮られる―河南省洛陽市
画像ID  420699
7日、河南省洛陽市の龍門石窟にある、右手がまるでジャンケンをしているかのように見える仏像がこのほど、ネット利用者の人気を集めている。
2014年5月7日、河南省洛陽市の龍門石窟にある、右手がまるでジャンケンをしているかのように見える仏像がこのほど、ネット利用者の人気を集めている。専門家によると、これは親指が折れてしまった仏教の印相で、「阿弥陀仏」の意味を表すと見られる。新華網が伝えた。

その他の写真

この仏像は賓陽北洞にあり、唐の高宗初年に作られたと見られる。仏像の左手は下に向き、右手は前に伸ばして指を3本出しているが、親指が欠損しているため、まるでジャンケンのチョキのような形になっている。

龍門石窟研究院研究センターの路偉(ルー・ウェイ)センター長によると、この彫像の右手は元々、親指、人差し指、中指の3本を立てていたが、後に破損して親指の先が折れ、また人差し指と中指の間も大きく開いているため、ジャンケンのチョキのように見える。この仏教の印相は珍しく、おそらく「阿弥陀仏」を意味しているとみられる。

仏教の印相とは、仏教修行者が両手や指で行う様々な姿勢で、経を念じることと合わせて、修行の目的をより早く達成することができるようにするものだ。仏教の印相には様々な種類があり千差万別だ。(提供/人民網日本語版・翻訳/YH・編集/武藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事