「日本が手本を示してくれている」=オーストラリアの“影の外相”が対中政策に言及―中国メディア

Record China    2021年5月20日(木) 20時20分

拡大

19日、観察者網は、オーストラリアの「影の外相」が対中政策について「日本に学ぶべきだ」と述べたことを報じた。写真はオーストラリア国旗。

2021年5月19日、観察者網は、オーストラリアの「影の外相」が対中政策について「日本に学ぶべきだ」と述べたことを報じた。

記事は、オーストラリア野党・労働党の上院議員で影の内閣(シャドー・キャビネット)の外相である中国系のペニー・ウォン氏が19日に、モリソン首相による中国に対する強硬的な言論について「自由党の内部闘争、労働党との争い、いずれにしても国内の政治情勢を目的とした言論だ」 と批判したことを伝えた。

また、マイク・ペッツッロ内務省長官が先月「自由主義国が再び戦いの太鼓を鳴らすのが聞こえる。わが国は地域での衝突に備えなければならない」と語り、ピーター・ダットン国防相が「台湾問題をおざなりにしてはならない」と述べたことに対してもウォン氏が批判を展開し、「国民は高圧的に屈服させることも、戦いの太鼓を打ち鳴らすことも望んでいない。戦略を増やし、政治的なパフォーマンスを減らし、口数を減らして行動することが必要だ」と述べたことを紹介している。

そして「日本がお手本を示してくれている。日本はわが国同様に中国と構造的な違いを多く持っており、経済的な『脅迫』を受け、領土紛争を抱えているが、それでも主権を守りつつ大国間の競争の中で活路を見いだすための努力を続けている」とし、オーストラリアは中国との「潜在的な協力点」を探し出す必要があると指摘したと伝えた。

ウォン氏はマレーシア生まれで、2007〜10年には初の中国系閣僚として気候変動・エネルギー効率化相などを務めた経歴を持つ。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携