中国政府の新型コロナ対策医療専門家チームがラオス入り―中国メディア

人民網日本語版    2021年5月8日(土) 11時30分

拡大

ラオスの新型コロナ対策を支援する中国政府の医療専門家チームの一行25人が4日、同国の首都ビエンチャンに到着し、中国の姜再冬駐ラオス大使とラオスのキケオ副首相が出迎えた。写真はビエンチャン。

ラオスの新型コロナ対策を支援する中国政府の医療専門家チームの一行25人が4日、同国の首都ビエンチャンに到着し、中国の姜再冬(ジアン・ザイドン)駐ラオス大使とラオスのキケオ副首相が出迎えた。新華社が伝えた。

ラオスの感染状況は最近にわかに緊迫化している。すでにラオス政府は新型コロナ感染症の予防・抑制を「重要緊急戦略任務」に格上げし、「戦時状態」に入って、全土18省・市を封鎖管理することを指示した。

キケオ副首相は、「中国政府が医療専門家チームを緊急派遣したことに心より感謝する。中国はラオス国民に対する熱い友情を行動によって示した。中国の医療支援の下、ラオスは最短期間で新型コロナに打ち勝つものと確信する」と述べた。

姜大使は空港で報道陣の取材に応じた際、「中国とラオスは運命共同体であり、苦難を共にし、同舟相救うのは当然だ。ラオスで感染拡大が始まって以来、すでに中国はラオスに専門家チームを2回派遣し、ワクチンを3回にわたり支援してきた」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携