艦艇3隻の同時就役は南シナ海周辺国への力の誇示?中国国防部のコメントは

人民網日本語版    2021年4月30日(金) 18時40分

拡大

23日、中国海軍の主力艦3隻が同時に就役した。あるメディアはこれを南シナ海周辺諸国への「力の誇示」と分析した。

23日、中国海軍の主力艦3隻が同時に就役した。あるメディアはこれを南シナ海周辺諸国への「力の誇示」と分析した。

これについて中国国防部の呉謙(ウー・チエン)報道官は29日の記者会見で、「武器・装備の発展は、われわれが国家の安全と発展の局面全体に着眼して行う決定であり、世界各国で一般的に行われていることでもある。中国は平和的発展路線を堅持し、防御的国防政策と積極防御の軍事戦略を揺るがず遂行している。当該艦艇の就役は地域情勢とは無関係であり、いかなる特定の国や目標も念頭に置いていない。南中国海の平和と安定を断固として守るという中国の政策的立場に、いかなる変更もない」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携