中韓の海上法執行機関が合同パトロールを実施―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月28日(水) 21時40分

拡大

4月20日から26日にかけて、「中国海警6306」が韓国海洋水産省の「ムグンファ36号」と共に、中韓漁業協定の暫定措置水域で今年初の合同パトロールを実施した。

2020年の中韓漁業法執行活動会談での合意に基づき、4月20日から26日にかけて、「中国海警6306」が韓国海洋水産省の「ムグンファ36号」と共に、中韓漁業協定の暫定措置水域で今年初の合同パトロールを実施した。新華社が伝えた。

中韓双方は無線を通じて活動交流を行い、パトロールの状況を総括し、さらなる協力深化について意見交換した。今後、中韓の海上法執行機関は海上法執行協力をさらに強化し、中韓漁業協定の暫定措置水域での正常な漁業生産秩序を共同で維持していく。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携