若者の30%「収入の4割以上が家賃・ローンに消える」―中国

人民網日本語版    2021年4月30日(金) 10時10分

拡大

中国の18~44歳の若者に対する調査によると、多くは毎月の家賃・住宅ローンの返済額が収入に占める割合を4割以下に抑えており、約2~3割が最も多かったが、4割を超える人も30%に上った。

「衣食住・交通」のうち、「住」は常に私たちにとって欠かすことの出来ない硬直的需要だ。生活サービスサイトの58同城と不動産取引プラットフォームの安居客は、27日に共同で「2021年若者不動産報告」を発表した。中国の一線都市と新一線都市に常住する18~44歳の若者に対する調査によると、若者の多くは毎月の家賃・住宅ローンの返済額が収入に占める割合を4割以下に抑えており、約2~3割が最も多かったが、4割を超える人も30%に上った。中国新聞網が伝えた。

同報告によると、回答者のうち、「マイホームがある」は57.0%に上り、「5年以内に住宅を購入したい」は70.1%で、このうち12.9%が「今年購入する計画がある」として意欲の高さが見られた。

若者はどれくらいの価格帯なら家を買えるのか。負担できる購入価格や住宅ローンの返済額は基本的に収入によって決まる。同報告によると、回答者の44.3%が「購入価格100万~200万元(約1680万~3360万円)なら負担できる」とし、「500万元(約8400万円)以上」とした人は6.9%と1けた台にとどまった。働き始めたばかりの18~24歳の若者は蓄えがそれほどないため、購入価格100万元以下の物件を求める人が35.8%に上った。

全体としてみると、若者の毎月の家賃・住宅ローンの返済額が収入に占める割合は4割以下が多く、約2~3割に最も集中した。また、毎月の負担可能なローン返済額は2000~5000元(約3万3600~8万4000円)とした人が60.6%を占めた。

18~24歳の層と異なり、経済的に比較的ゆとりのある40~44歳の層は、住宅購入時に絶対的な力を示し、一括購入の割合が23.8%に上って、全体の割合の10.8%を大幅に上回った。

どのような住宅が若者に最も人気か。同報告によると、90~120平方メートルの3LDKが若者に人気があり、56.9%が選んだ。70~90平方メートルの2LDKは「次善の策」で、120~150平方メートルの4LDKを選んだ人は12.3%だった。次世代のために奮闘する30~34歳の層は、4部屋以上ある不動産資源への注目度が全体の水準を大幅に上回った。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携