中国の悪性腫瘍の5年生存率が10年間で約10%上昇―中国メディア

人民網日本語版    2021年5月2日(日) 5時0分

拡大

中国の悪性腫瘍の5年生存率が10年間で約10%上昇したという。資料写真。

中国国家衛生健康委員会医政医管局の焦雅輝(ジアオ・ヤーフイ)局長は27日、「中国の医療の質や診療能力の向上に伴い、10年前は30.9%だった悪性腫瘍(がん)の5年生存率は現在、すでに約10ポイント上昇して40.5%となっている。また、食道がんなどの5年生存率は米国などの先進国を上回るようになっている」と明らかにした。

焦局長によると、長年の努力が実り、中国のがん専門病院や病床の数、腫瘍専門医療従事者の数などが増加の一途をたどり、がん専門病院、総合病院腫瘍科、末端の医療衛生機関、リハビリテーション病院、緩和ケアセンターを主体としたがん診療、リハビリ体系が形成されつつあり、その診療スタイルもさらに最適化され、診療水準が目に見えて向上しているという。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携