福建省武夷山とモスクワつなぐ直通「中欧班列」が開通―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月26日(月) 13時10分

拡大

福建省武夷山陸地港から22日、国際定期貨物列車「中欧班列」が、電気機械や軽工業品、日用品などの貿易輸出品を満載した標準コンテナ100基を積み、出発した。

福建省武夷山陸地港から22日、国際定期貨物列車「中欧班列」が、電気機械や軽工業品、日用品などの貿易輸出品を満載した標準コンテナ(TEU)100基を積み、出発した。その貨物重量は618.3トン、価値は1800万元(約2億9800万円)近くに達する。今回の「中欧班列」は内モンゴル自治区出入国辺防検査総站のエレンホト通関地から国境を越え、13日間をかけてロシアの首都モスクワに達する。これにより、福建省発の直通「中欧班列」がまた1本順調に開通したことになる。人民網が伝えた。

武夷山税関によると、今年に入ってからすでに「中欧班列」5本に対して、税関に関する監督管理業務を行っており、標準コンテナ(TEU)延べ484基、計4052トンに達する製品を輸出し、輸出額は1億元(約16億6000万円)以上に達しているという。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携