廃線路が「花の遊歩道」に大変身―重慶市

人民網日本語版    2021年4月25日(日) 23時50分

拡大

重慶市の四川外国語大学から梨樹湾までの廃線になった鉄道線路を利用して造られた遊歩道では草が一面に生い茂り、野菊が満開となる美しい風景が広がっていた。

(1 / 5 枚)

重慶市沙坪●(●は土へんに貝)区の四川外国語大学から梨樹湾までの廃線になった鉄道線路を利用して造られた遊歩道では草が一面に生い茂り、野菊が満開となる美しい風景が広がり、多くの観光客を惹きつけている。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

この廃線路は、かつて「南西工業の母」と呼ばれていたかつての重慶特殊製鋼所の専用輸送鉄道線路で、全長は約9キロメートル。沙坪●区は、数年前に廃線路重慶遊歩道改造プロジェクトを始動し、廃線路を美しい観光スポットに改造してきた。また、渣滓洞や白公館などの観光スポットの標識を増設し、緑豊かな遊歩道に紅色観光(革命聖地を訪ねる観光)ルートを組み入れている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携