菅首相が靖国神社に真榊奉納、中国「日本の間違ったやり方に一貫して反対」―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月22日(木) 16時10分

拡大

菅義偉首相は21日、靖国神社に「真榊」と呼ばれる供え物を奉納した。

菅義偉首相は21日、靖国神社に「真榊」と呼ばれる供え物を奉納した。中国外交部の汪文斌(ワン・ウェンビン)報道官は同日の記者会見で、「靖国神社は日本の対外侵略戦争に対して直接的責任を負う第2次大戦のA級戦犯を祀っており、われわれは日本政界要人の間違ったやり方に一貫して反対している。中国は日本に対して、日中間の4つの基本文書の原則を厳守し、4つの原則的共通認識をしっかりと実行し、侵略の歴史を正視し、深く反省し、軍国主義と明確に一線を画し、実際の行動によってアジア近隣諸国と国際社会の信頼を得るよう促す」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携