王毅外相「日本は福島原発汚染水の問題を慎重に扱うべき」―中国

人民網日本語版    2021年4月22日(木) 17時10分

拡大

中国の王毅外相は21日、ドイツのマース外相とテレビ会談した際、福島原発汚染水の問題に言及した。写真は11年3月、福島第1原発3号機への放水作業。

中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外交部長(外相)は21日、ドイツのマース外相とテレビ会談した際、日本の福島原発汚染水の問題に言及した。

王部長は、「日本政府は安全な処分方法を研究し尽くすことなく、全面的な情報公開をせず、周辺諸国や国際社会との協議もせぬまま、福島原発の原発汚染水の海洋放出によって処理することを軽率に決定した。これは中国をはじめとする周辺諸国の人々の切実な利益を直接危険にさらし、世界の海洋環境及び世界健康安全保障も脅かすものであり、最終的に日本を含む国際社会の共通利益を損なう。日本は国際社会、周辺諸国、及び自国民の重大な懸念に真剣に応え、国際的な公共の利益に対してきちんと責任を負う姿勢で、しかるべき国際的義務をしっかりと履行し、現在の計画を考え直し、各利害関係者及び国際原子力機関(IAEA)と十分に協議し、かつ一致にいたった上で慎重に対処すべきだ」とした。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

新疆ウィグル自治区で最も有名な日本人、小島康誉氏のコラムが本になりました! 購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携