北京初の5Gクラウドイチゴ園が海淀区に登場―中国

人民網日本語版    2021年4月22日(木) 16時50分

拡大

北京海淀区農業科学研究所の鄭禾所長は、「ここはイチゴを高設栽培し、下のスペースで各種文化・芸術イベントが行われる。これは真新しい理念のイチゴ栽培方法だ」と述べた。

(1 / 2 枚)

北京海淀区農業科学研究所の鄭禾(ジョン・ホー)所長は、「ここはイチゴを高設栽培し、下のスペースで各種文化・芸術イベントが行われる。これは真新しい理念のイチゴ栽培方法だ。イチゴを地上栽培から高設栽培に切り替え、土壌栽培を無土壌栽培に切り替えるだけでなく、環境改善をより重視し、イチゴ栽培テクノロジーと視覚芸術を融合させ、斬新なイチゴ芸術視覚のテクノロジーシーンを構築する」と述べた。科技日報が伝えた。

その他の写真

北京海淀区温泉鎮中関村科普農荘の「5Gクラウドイチゴ園」では、イチゴの1ムー(約6.7アール)あたり生産量は3000キログラム以上に上り、一般的なイチゴ生産の倍に相当する。

鄭氏によると、「5Gクラウドイチゴ栽培システム」は、北京市海淀区農業科学研究所の技術者が独自に研究開発した中国初の5G通信イチゴ無土壌栽培システムだ。同システムは先進的な5G通信、ビッグデータ・クラウドコンピューティング環境制御、スマートロボットを採用し、イチゴに同時に施肥・施薬を行い、LEDによる植物の補光、UVB殺菌など複数の技術・設備を採用し、北京の「体験型農業」発展の手本となっている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携