半導体分野の米中対立で韓国企業が苦境、それでも韓国政府は介入できず?=韓国ネット「あきれた」

Record China    2021年4月15日(木) 7時20分

拡大

13日、韓国・中央日報は「半導体分野における米中の対立が本格化し、韓国企業は苦境に立たされているが、韓国政府はこれという解決策を示さずにいる」と伝えた。資料写真。

2021年4月13日、韓国・中央日報は「半導体分野における米中の対立が本格化し、韓国企業は苦境に立たされているが、韓国政府はこれという解決策を示さずにいる」と伝えた。

バイデン米大統領は12日、世界の半導体メーカーの代表らが参加するオンライン協議を開催。半導体に対する攻撃的な投資を強調し、中国けん制の方針を明示した。韓国からはサムスン電子が参加した。この協議について、記事は「米国は半導体輸入依存度を下げ、究極的には半導体の自立化を目標としており、それには米国主導のグローバル供給網の構築が急がれる。韓国などの同盟国と友邦国の協力が必要だと説得に動き出したものだ」と説明している。

また記事は「米中の対立が深まるほど、韓国の半導体関連企業の苦心も深まる」とも伝えている。「サムスン電子の場合、米中どちらも主要生産基地であり販売先でもあるため、どちらか一方の動きに容易に賛同することはできない」とし、「今回の協議を機に、米国側は生産工場の増設などの投資増を求めて圧力をかけてくる可能性が高いが、それに応じれば中国側の抗議を受けることになりかねない」としている。

さらに、トランプ政権時代に始まった米中対立に挟まれた韓国企業のジレンマは、バイデン政権でも大きく変わっていない状況だが、「韓国政府の対応は数年間にわたり、一歩引いた水準にとどまっている」と指摘。サムスン電子がホワイトハウス主催の半導体協議に呼ばれたという状況でも、韓国政府は「政府対政府」ではなく「政府対企業」の問題だとして積極的な介入を控えており、「企業に任せるという態度」だと説明している。

その上で「しかし企業の場合、政府のように『耐えられるところまで耐えてみよう』という『戦略的あいまいさ』で対応することは、大きな損失につながりかねず、現実的ではない」と指摘。半導体問題は特に米中の争いの激化が予想されるだけに、「政府が先に立って企業に明確なガイドラインを示し、必要があれば先制的に政府間協議を行うなどするべきだ」と警鐘を鳴らしている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「駄目政府のせいで企業は苦労が多いな」「この国に政府なんてあったっけ?」「あきれた。無能だ。卑劣だ」「政府は何をしているのか。企業を弾よけにして見物をしているとはあきれる」「青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)がなくても困らない。いっそなくしたらいいんじゃないか」「企業に任せたら勝手に成果を出してくれるんだから、無能な大統領は楽でいいね」など文政権への批判が殺到している。

一方で、「青瓦台とホワイトハウスが水面下の交渉を主導したという記事を見たけど?」「じゃあおおっぴらに米国の見方につけと言うのか?。そうなればまた、大騒ぎになる」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携