日本と米国の侵犯が中国を大胆にさせる、空母を日本近海へ―露メディア

Record China    2021年4月7日(水) 20時20分

拡大

中国海軍の空母「遼寧」など計6隻の艦艇が沖縄本島と宮古島の間を抜け、太平洋に向けて航行したことに関連し、ロシアメディアRTは「日本と米国の侵犯が中国を大胆にさせた」と報じた。写真は空母「遼寧」。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は7日、中国海軍の空母「遼寧」など計6隻の艦艇がこのほど、沖縄本島と宮古島の間を抜け、太平洋に向けて航行したことに関連し、ロシアメディアRTが5日付で「日本と米国の侵犯が中国を大胆にさせた」と指摘していると報じた。

それによると、RTの記事は、「中国と日本の間の軍事的緊張は目新しいものではないが、空母打撃群を日本近海へ派遣するというのは新しい動きだ。中国は日本に強いメッセージを送りたいと考えている。日本は最近、米国との同盟関係を確認し、あいまいではあるが、台湾の不測の事態に関与することを公約し、首相も間もなく訪米する。その結果、中国はこの戦略的地域で力を示し、今後さらに多くの動きがあるだろう」とした。

記事はまた、「この状況は、中国と日本の関係が今年を通じて緊張することを意味している。両国は経済的に強く結び付き、相互に依存しているため、敏感な問題においては『慎重』になっている。だがその背後で、軍事的沸点は泡立ち続けている」とも論じている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携