SCO事務総長と中国駐在外交官 新疆を訪問

CRI online    2021年4月3日(土) 21時1分

拡大

上海協力機構(SCO)のノロフ事務総長および21カ国の駐中国使節と外交官一行およそ30人余りが新疆ウイグル自治区を実地踏査しました。

上海協力機構(SCO)のノロフ事務総長および21カ国の駐中国使節と外交官一行およそ30人余りが新疆ウイグル自治区のウルムチ、カシュガル、アクスなどを訪れ、それぞれの地域の経済発展、民生改善、生態建設、宗教信仰の自由の保障などを実地踏査しました。

訪問団には、アルメニア、タジキスタン、ベラルーシ、ネパール、アゼルバイジャン、モルドバ、イラン、パキスタン、ロシアなどの中国駐在外交官がいます。彼らは中国政府がテロリズムと過激主義を取り締まる分野で払った努力を肯定し、支持しています。

また、訪問団のメンバーは新疆ウイグル自治区の国際バザール、カシュガル古城などにも訪れ、新疆の風情と多元化の文化を体験しました。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携