新疆電力市場化取引規模、累計3000億kWh以上に―中国メディア

人民網日本語版    2021年4月5日(月) 19時50分

拡大

新疆電力取引センター有限公司の31日のデータによると、新疆電力市場化取引規模が累計3000億kWh以上になった。

新疆電力取引センター有限公司の31日のデータによると、新疆電力市場化取引規模が累計3000億kWh以上になった。新疆への直接的な経済効果1100億元(約1兆8700億円)をもたらし、税収が約65億元(約1105億円)増える見通しだ。川上・川下産業及び新エネ業界の発展を大きく促進した。中国新聞網が伝えた。

この電力規模は全国14億人の約100日間の使用量で、標準石炭9165万トンの燃焼による電力規模に相当し、中国2020年の原炭輸入量の43%を占める。これらの標準石炭を列車1両あたり60トン積むとすると、輸送には約214万本の車両が必要となる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

経済 トピックス



   

西安初の蔦屋書店がオープン

人民網日本語版

2021/03/31

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携