上海市で初となる新型コロナワクチンスマート接種臨時施設の運用開始―中国

人民網日本語版    2021年4月3日(土) 5時20分

拡大

新型コロナワクチンの接種サービス力をさらに向上させるため、上海市ではこのほど、同市初となる新型コロナワクチンスマート接種臨時施設の運用を上海工芸美術職業学院でスタートさせた。

(1 / 4 枚)

新型コロナワクチンの接種サービス力をさらに向上させるため、上海市ではこのほど、同市初となる新型コロナワクチンスマート接種臨時施設の運用を上海工芸美術職業学院でスタートさせた。1日、学生らが秩序を保ちながら新型コロナワクチンの接種を受けていた。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

この接種臨時施設の面積は27平方メートルと小ぶりなものの、接種エリアやワクチン保管エリアなど必要な設備が全て揃っている。また、ワクチンは全過程においてコールドチェーンによる輸送と保管が実現されているだけでなく、そのトレーサビリティーも実現している。接種エリアに備え付けられている便利な小型冷蔵庫のほか、ワクチン1000本を保管できる大型のスマート冷蔵庫も設置されている。通常の施設内などに設けられる接種ポイントと比べ、このスマート接種臨時施設は、よりスピーディーな設置が可能で、移動させやすく、しかも国のワクチン接種基準に基づいた設備となっているため、安全性も確保されている。そのため、企業や大学など接種ニーズが比較的高い場所に向けて、ワクチン接種ポイントが「出向く」ことが可能で、時間を節約し、接種効率を高めることを可能にしている。(提供/人民網日本語版・編集/TG)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携