台湾パイナップル、豪州での販売価格は1つ1500円?「競争力まるでなし」と中国メディア

Record China    2021年3月30日(火) 14時20分

拡大

中国中央テレビのニュースサイト・央視網は29日、台湾産パイナップル2トンがオーストラリアに到着したと報じた。写真は日本で販売される台湾パイナップル。

中国中央テレビ(CCTV)のニュースサイト・央視網は29日、台湾産パイナップル2トンがオーストラリアに到着したと報じた。

記事は、台湾農業委員会の28日の発表として、台湾パイナップル2トンが現地の検疫を無事通過したことを伝えた。一方で、「オーストラリアは農産品への基準が厳しいため、パイナップルはすべて空輸で運ばれた」と説明。輸送費は1キロ当たり200~300台湾ドル(770~1150円)に上り、販売価格は1つ400台湾ドル(約1500円)ほどになると伝えた。

その上で、「この価格では、パイナップルの供給が間に合っているオーストラリアではまったくと言っていいほど競争力はない」としたほか、専門家からは「パイナップルを中国以外の市場で売るため、台湾当局は対豪輸出では1キロ当たり105台湾ドル(約400円)もの輸送費の補助を行っている。台湾農産品の本当の実力を反映した価格ではなく、長期的に見れば逆に競争力を弱めることになる」との懸念の声が出ていると伝えた。

さらに、「台湾メディアからは、『明らかに民進党政権の政治的な操作だ』との批判が出ている」とも伝えている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携