米大使の訪台に中国外交部「米側と台湾方面の公的交流に断固反対」

人民網日本語版    2021年3月30日(火) 13時0分

拡大

米国の駐パラオ大使がパラオ大統領に同行して台湾を訪問したことについて、中国外交部の趙立堅報道官は29日、「中国は米台のいかなる形の公的交流にも断固として反対する」と表明した。

米国の駐パラオ大使がパラオ大統領に同行して台湾を訪問したことについて、中国外交部の趙立堅(ジャオ・リージエン)報道官は29日、「中国は米国と台湾地区のいかなる形の公的交流にも断固として反対する。中国は米側に対して、米中関係と台湾海峡の平和・安定が深刻に損なわれることのないよう、台湾問題が非常に敏感であることを十分明確に認識し、台湾地区との公的交流を止めるよう促す」と表明した。

趙報道官はさらに、「『一つの中国』原則は広く認められた国際関係の基本準則であり、世界の圧倒的多数の国々が同意し、受け入れ、実行している普遍的共通認識でもある。台湾問題は米中関係において最も重要で、最も敏感な問題だ。『一つの中国』原則は米中関係の政治的な基礎だ。中国は米国と台湾地区のいかなる形の公的交流にも断固として反対する。この立場は一貫した、明確なものだ」と強調した。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携