ノージャパン克服なるか、韓国で日本メーカーが続々新車を発売=ネットはおおむね好意的「日本車は最高だ」

Record China    2021年3月13日(土) 17時20分

拡大

年明け以降、日本の自動車メーカーが続々と韓国で新車を発表し、販売に力を注いでいる。ミニバン市場においては、韓国で絶大な人気を誇る起亜自動車の「カーニバル」との対決に注目が集まっている。資料写真。

年明け以降、日本の自動車メーカーが続々と韓国で新車を発表し、販売に力を注いでいる。3月12日、韓国・デジタルタイムスが報じた。

記事によると、Honda(ホンダ)コリアは2月に2021年モデルの新型オデッセイを発売し、韓国内におけるミニバン市場の攻略に乗り出した。今回発売された新型モデルは、既存モデルに部分的な変更を加え、商品性とデザイン性を改善したのが特徴とされている。

ホンダコリアは1月にも新型アコードハイブリッドとCR-Vハイブリッドを韓国内で発売しており、2021年だけですでに韓国で3種類の新車を発売したことになる。

また、韓国トヨタ自動車も3月に新型シエナを発売してミニバン市場でホンダコリアと対決する予定で、カムリハイブリッドの新型モデルも発売を控えている。LEXUS(レクサス)も新型LSを2月に発表したのに加え、LCコンバーチブルの発売を予定しているという。

ただし記事は「ホンダとトヨタの2月の販売台数は1月よりも多少伸びており、LEXUSについては443台から677台へと大幅な増加を見せているが、(一昨年夏に始まった)日本製品不買運動によって販売台数が激減した2020年よりも低い数値」とした上で「両社が新車を発売したミニバン市場は、起亜(KIA)自動車のカーニバル(海外ではセドナ)が事実上独占しているため、楽観視はできない」と伝えている。

2020年8月に発売された新型カーニバルは、現代自動車のアイオニック5が登場するまで、韓国の国産車における事前契約の史上最多記録(2万3006台)を保有していた。2月までの累積販売台数も5万8942台に達するほど、人気があるという。

さらに記事は「トヨタの新型シエナハイブリッドは最低価格が6200万ウォン(約596万円)、ホンダのオデッセイは5790万ウォン(約556万円)で、2021年型カーニバルの価格は3160万ウォン(約304万円)」とし、「価格の面においても優位に立つのは難しいだろう」と予想している。

この記事に対し、韓国のネット上では「日本車の販売が低調なのは不買運動のせいではなく、商品としての魅力が薄いからだ。20年前のものとイメージが変わっていない」と日本車に否定的なコメントが見られた。

一方で「カーニバルとシエナでは比較にならない。シエナに乗ったらカーニバルには乗れなくなるぞ」「韓国市場は大した大きさじゃない。全世界で一番売れているのは日本車だ」「何とか販売が回復してほしい。買って後悔しないのが日本車」「自動車はレクサスとホンダが最高。韓国車は最低だ」「シエナのハイブリッドは最高のミニバン」など、日本車を称賛するコメントも数多く寄せられている。(翻訳・編集/丸山)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携