「全中国人は抹殺されるべき」=中国系議員に手紙が届く―オーストラリア

Record China    2021年3月5日(金) 13時20分

拡大

2日、オーストラリアの中国語ニュースアプリ・今日澳洲は、同国内の中国系議員が中国人を侮辱する内容の手紙を受け取ったと報じた。

2021年3月2日、オーストラリアの中国語ニュースアプリ・今日澳洲は、同国内の中国系議員が中国人を侮辱する内容の手紙を受け取ったと報じた。

記事によると、同国ニューサウスウェールズ州カンバーランド市議会議員の黄堃(ホアン・クン)氏は1日午後、住所、氏名、電話番号が書かれた1通の手紙を受け取った。手紙は2ページにわたっており、全文にわたり「黄色人よ、くそ食らえ」「ごみ中国人」などの侮辱的な言葉が並んでいたという。

また、「この国はオーストラリアの白人が建てた。おまえは永遠にこの社会の一員にはなれない」「おまえたちすべての中国人は抹殺されるべきだ」などとも書かれていたとのこと。

記事は、黄氏がこの手紙をSNS上に公開すると多くの議員やネットユーザーから声援が寄せられたほか、同市の幹部は「到底容認できない」と震撼し、警察に通報したと伝えた。

手紙を受け取った黄氏は「まるで石器時代の人間のような思想だ。そしてこの手紙は、オーストラリアに人種差別が存在することを物語っている。私は民族主義者との徹底的な抗争を続けるつもりだ」と語ったという。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携