米の対中関税当面維持に中国外交部がコメント「貿易戦に勝者なし」―中国メディア

人民網日本語版    2021年2月22日(月) 11時30分

拡大

イエレン米国財務長官の「トランプ政権の対中関税を当面維持する」との発言について、中国外交部の華春瑩報道官は、「米中経済貿易関係の本質は互恵とウィンウィンであり、貿易戦に勝者はいない」と述べた。

イエレン米国財務長官の「トランプ政権の対中関税を当面維持する」との発言について、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は19日の定例記者会見で質問に答え、「米中経済貿易関係の本質は互恵とウィンウィンであり、貿易戦に勝者はいない」と述べた。

【記者】イエレン米国財務長官は18日、取材に対し、「トランプ政権の対中関税を当面維持する。中国が引き続きコミットメントを履行することを望む。米国は今後、適切なアプローチを評価する」と述べた。また、米国商会が17日に発表したレポートによると、米中の全面的なデカップリングにより米国は数千億ドルという巨額の損失を被り、米の航空、半導体、化学工業、医療機器などの業界の損失が甚大だとみられている。この点について中国側のコメントは?

【華報道官】関連報道に注目している。米国の前政権が発動した対中貿易戦については、米国国内にもずっと反対する声が多く、こうしたやり方では米国自身の問題を解決できないばかりか、かえって米国の企業と消費者がそのツケを払うことになると言われてきた。

中国は、米中経済貿易関係の本質は互恵とウィンウィンであり、貿易戦に勝者はいないことを繰り返し指摘してきた。この点はすでに多くの事実によって証明されている。米国商会のレポートもこの点を裏付けている。中国とのデカップリングは、チャンスや未来、世界とのデカップリングだ。

米国がビジネス界や国内外の知識人の声に耳を傾け、間違ったやり方を正し、中国と共に対話と意思疎通を強化し、相互尊重と平等互恵の基礎に立って経済貿易協力を拡大し、経済貿易摩擦を適切に処理し、米中経済貿易関係の健全で安定した発展を促すことを希望する。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携