春節期間、中欧班列は通常通り運行

CRI online    2021年2月19日(金) 13時40分

拡大

春節連休期間に中欧班列(中国・欧州を結ぶ定期貨物列車)が合わせて247便運行し、2万3000TEUの貨物が輸送されました。そのうち、復路の便数が112便に達し、1万TEU分の貨物が輸送されました。

今年の春節連休期間(2月11日から17日まで)に中欧班列(中国・欧州を結ぶ定期貨物列車)が合わせて247便運行し、2万3000TEU(20フィートで換算したコンテナ個数を表す単位)の貨物が輸送されました。そのうち、復路の便数が112便に達し、1万TEU分の貨物が輸送されました。中欧班列によって、各地の住民の正月用品は輸入品が多くなりました。

欧州では新型コロナの感染拡大が深刻になっているため、欧州から輸入した商品は鉄道で中国に入ってから店に運ばれるなかで、新型コロナの核酸検査が少なくとも2回行われ、感染リスクが最大限に抑えられています。

中欧班列での輸送は経るべきプロセスが少ないため、この列車で運ばれた輸入品を扱う店はオープン当初から市民の支持を得ました。この店は、顧客が購入したい輸入品を携帯で注文すれば、家まで届けるというサービスを提供しています。(提供/CRI

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携