赤道ギニア大統領が中国製ワクチン接種―中国メディア

人民網日本語版    2021年2月18日(木) 13時50分

拡大

赤道ギニアのオビアン大統領は15日、首都マラボで中国国薬集団(シノファーム)の開発した新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた。

2021年2月18日、人民網によると、赤道ギニアのオビアン大統領は15日、首都マラボで中国国薬集団(シノファーム)の開発した新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた。新華社が伝えた。

今年78歳のオビアン大統領は、医療従事者からワクチン接種に関する注意事項について説明を受けた後、接種を受け、ワクチン接種証明書を受け取った。

中国政府が寄贈したシノファーム製ワクチンは10日、マラボに到着した。オビアン大統領は、「ワクチン接種は新型コロナウイルスによる死を免れる防壁であり、政府は現在、全国民へのワクチン接種をできるだけ早く実現すべく措置を講じている」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携