王毅外相「中国は新型コロナワクチンの国際協力に政治的条件をつけず」―中国メディア

人民網日本語版    2021年2月18日(木) 13時10分

拡大

中国の王毅外相は17日、新型コロナウイルスワクチンの問題に関する国連安保理の閣僚級会合に北京からオンラインで出席し、「人々を中心とし、世界の新型コロナ対策協力を強化」と題する演説を行った。

中国の王毅(ワン・イー)国務委員兼外交部長(外相)は17日、新型コロナウイルスワクチンの問題に関する国連安保理の閣僚級会合に北京からオンラインで出席し、「人々を中心とし、世界の新型コロナ対策協力を強化」と題する演説を行った。新華社が伝えた。

王部長は、「われわれは一層努力して、パンデミックとの闘いと平和の維持に新たな貢献をする必要がある」として、(1)人々至上を堅持し、パンデミックとの闘いにおける国際協力を強化する(2)安保理決議を全面的に実行に移し、パンデミックとの闘いに有利な環境を築く(3)ワクチン不足を解消し、発展途上国への支援を拡大する(4)統合的計画・調整を強化し、国連の組織的役割を十分に発揮することを主張。

さらに、「中国は新型コロナワクチンの国際協力を実施するにあたり、これまでいかなる地政学的目標も追求したことはなく、いかなる経済的利益を図ったこともなく、いかなる政治的条件を付けたこともない。われわれが最も考えるのは、ワクチンを各国の人々に役立ち、金額的にも使用できる公共財とし、真に『人々のワクチン』にすることだ」と強調した。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携