韓国・小中高生の6割「南北統一必要」、「不要」は2割も上昇傾向―教育実態調査

Record China    2021年2月15日(月) 23時50分

拡大

韓国の小中高生の約6割は北朝鮮との統一が必要と考え、統一は不要と考えているのは約2割だったものの、2年連続で不要の割合が増えたことが教育実態調査で分かった。板門店

韓国の小学生、中学生、高校生の約6割は北朝鮮との統一が必要と考え、統一は不要と考えているのは約2割だったものの、2年連続で不要の割合が増えたことが教育部と統一部が行った「2020年学校統一教育実態調査」で分かった。統一が必要でないと考える理由では「経済的負担」を挙げた回答が多かった。

聯合ニュースなどによると、調査は昨年11月2日から30日にかけて全国の小中高生6万8750人を対象に実施した。この調査は14年から毎年行われており、3日に結果が発表された。

それによると、「北朝鮮は私たちにどのような対象だと思うか」という質問に54.7%の児童生徒が「協力すべき対象」と答えた。これは前年(43.8%)より大きく増加し、南北首脳会談が開催された18年(50.9%)よりも高い数値だった。北朝鮮を「警戒すべき対象」と思う回答は前年より11.6ポイント減り、24.2%にとどまった。

統一の必要性に関しては肯定と否定がいずれも増えた。統一が「必要だ」と答えた児童生徒は62.4%で前年(55.5%)より大きく増え、18年(63.0%)と似ている。統一が必要である理由は、「戦争の脅威を解消するため」(28.4%)が最も多く、次いで「同じ民族なので」(25.5%)などの順だった。

統一が「必要でない」は18年の13.7%、19年19.4%から、今回は24.2%まで増えた。統一が必要でないと考える最も重要な理由では「社会的問題(23%)」より「経済的負担(27.6%)」が多かった。18年と19年の調査では社会的問題が経済的負担よりさらに重要な理由に選ばれたが、順位が変わった。

南北首脳会談以降冷え込んだ南北関係は調査でもそのまま反映された。南北関係が「平和でない」という回答は、18年15.5%から19年33.7%、20年35.2%と増加。「平和だ」は着実に減少し、18年36.6%、19年19.0%、20年17.6%となった。

今回の調査には脱北者に対する考えを尋ねる質問項目もあった。児童生徒の70.4%が「北朝鮮の離脱住民が学校の友達になってもかまわない」と答えたが、「クラスの隣の席の友達」や「クラスの学級委員」になることは59.9%、57.1%と敬遠気味だった。

「学校で統一に関する教育を受けたことがある」という回答は78.6%。この教育で学んだこと(複数回答)は「南北の平和」(39.0%)が最も多く、「北朝鮮の人々の生活や社会の様子」(38.9%)、「統一がもたらす利益」(38.6%)などが続いた。(編集/日向)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携