「竹島は韓国領」の新証拠見つかる?=韓国ネット「早く広めよう」「日本が無視したら意味ない」

Record China    2021年2月2日(火) 11時20分

拡大

1日、中央日報など複数の韓国メディアは、韓国で「独島領有権の新たな証拠が発見された」と報じた。写真は韓国初の百科事典「大東韻府群玉」。

2021年2月1日、中央日報など複数の韓国メディアは、韓国で「独島(竹島の韓国語名)領有権の新たな証拠が発見された」と報じた。

記事によると、慶尚北道(キョンサンブクド)醴泉郡(イェチョングン)醴泉博物館に所蔵された「大東韻府群玉」(1589)と「東西彙纂」(19世紀)、「東国通志」(1868)などに鬱陵島・竹島に関する多くの内容が記載されていることが分かった。醴泉郡の説明では、朝鮮中期の文官・権文海(クォン・ムンヘ、1534~1591)が編さんした韓国初の百科事典「大東韻府群玉」(宝物第878号)に、島(ト、島)、悍(ハン、荒々しさ)、獅(サ、獅子)など一般的な名詞概念の説明と共に鬱陵島が韓国の地名として登場する。

これについて記事は「日本の学界の『朝鮮後期まで韓国は鬱陵島と竹島を忘れていた』とする主張に反論する根拠になる」と指摘。ソウル大学奎章閣(キュジョンガク)韓国学研究院専任研究員のホン・ムンギ博士(独島史料研究委員)は「朝鮮時代の鬱陵島に関する知識が知性界で流通・活用された事例として、朝鮮社会が鬱陵島・独島を忘却したという日本の学界の主張に強く反論する資料だ」と評価したという。

これを受け、韓国のネット上では「いい知らせ。確認ができたら、外交部を中心に一日も早く事実を広めよう!」と喜びに沸いている。一方で「日本は『そんなこと知らない』と返事するだろう」「どんなに証拠を探したところで、日本が無視したら何にもならない。日本政府は話が通じない」との意見も少なくない。

また「対馬に関しても韓国領という資料がたくさんあるはずだけど、なんで黙ってるの?」「鬱陵島のことは分かったけど、独島については言及していないのでは?」といった疑問の声や、「かつての歴史も資料になり得るけど、大切なのは今誰がいるということ。韓国の警察がいるじゃないか!」との主張も。

その他「北朝鮮に渡した土地を取り戻すべき」「日本にばかり熱くなるのではなく、中国にも主張して。韓国の歴史をはじめ、最近じゃキムチや韓服も自国のものだと主張してる」など「日本に偏りすぎ」と指摘する声や、「まずは韓国が力をつけよう」「そうじゃないとまた日本や中国など隣国にやられてしまう」との主張も見られた。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携