中国国防部が警告、「台湾独立」は戦争を意味する―中国メディア

人民網日本語版    2021年1月29日(金) 17時40分

拡大

中国国防部の28日午後の定例記者会見で、台湾問題について呉謙報道官が質問に答えた。

中国国防部の28日午後の定例記者会見で、台湾問題について呉謙(ウー・チエン)報道官が質問に答えた。

【記者】報道によると、台湾地区の民進党当局は最近、「米台関係」を深めると表明した。また台湾地区防衛当局は、大陸の軍用機が台湾地区の「西南防空識別圏」に進入したとして、これを大げさに宣伝し続けている。これについてコメントは。

【呉報道官】台湾地区は中国の領土の不可分の一部だ。台湾地区問題は中国の内政であり、いかなる外国の干渉も許さない。中国人民解放軍が台湾海峡地域で実施した軍事活動は、現在の台湾海峡の安全保障情勢を念頭に置き、また国家主権・安全維持のために講じた必要な行動であり、外部勢力による干渉及び「台湾独立」勢力による挑発に対する厳正な対応だ。

民族の復興と国家の統一は大勢の赴くところであり、大義であり、民心の向かうところでもある。中華民族の歴史という大河において、一握りの「台湾独立」分裂勢力が「独立」を図る行為は小さな泡のようなものであり、波を起こすことなどできるはずもない。我々は「台湾独立」勢力に厳しく警告する。火遊びをする者は自らが火に包まれるのであり、「台湾独立」は戦争を意味する。中国人民解放軍はあらゆる必要な措置を講じて、いかなる形の「台湾独立」分裂の企みも断固として粉砕し、国家の主権及び領土の一体性を断固として守る。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携