専門家「試練の中で日中関係の協力の潜在力を掘り起こす」―中国

人民網日本語版    2021年1月20日(水) 15時50分

拡大

中国社会科学院日本研究所の楊伯江所長は「新型コロナウイルス感染症、日本国内の社会・政治的変動などの影響を受けて、2020年の日中関係は試練が増え、曲折する中で発展してきた」と述べた。

中国社会科学院日本研究所の楊伯江(ヤン・ボージアン)所長はこのほど、新華網主催の国際問題シンポジウムで講演した際、「新型コロナウイルス感染症、日本国内の社会・政治的変動などの影響を受けて、2020年の日中関係は試練が増え、曲折する中で発展してきた。今後の両国関係において重要なのは、試練の中でチャンスを探り、協力の潜在力を掘り起こすことだ」と指摘した。新華網が伝えた。

楊氏は、「昨秋以降、日中関係に安定へと向かうプラスの兆候がいくつか生じている。地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の締結は日中双方が共に推し進める中で実現したものであり、いくつかの重大な地域戦略の問題で日中が向き合って進み始めたことを意味している」と指摘。

また楊氏は、「2021年と今後の日中関係を展望すると、両国関係は複雑でデリケートであり、把握と管理・コントロールが重要で、協力の潜在力に目を向け、試練の中でチャンスを探る必要があると考える。現在も日中関係の発展は阻害要因を多く抱えている。複雑な情勢と厳しい試練を前に、度重なる試練の中でチャンスを探り、協力の潜在力を掘り起こすことがわれわれの課題だ」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携