Record China

ヘッドライン:

上海で「宅配便シニアエンジニア」誕生―中国

配信日時:2021年1月12日(火) 23時0分
拡大
上海市郵政管理局はこのほど、宅配便大手の円通速逓のハイレベル技術者1人を宅配便エンジニアリングのハイレベル職種に推薦し、届け出を行った。

上海市郵政管理局はこのほど、宅配便大手の円通速逓のハイレベル技術者1人を宅配便エンジニアリングのハイレベル職種に推薦し、届け出を行った。審査は終了し、今は公示の段階に入っている。上海で始めて「宅配便シニアエンジニア」が誕生したことになる。光明日報が伝えた。

今回推薦されたのは今年43歳になるハイレベル技術者の金龍(ジン・ロン)さん。韓国の忠北大学でコンピューターを学び、博士号を持つ人材だ。2016年9月から現在にかけて、「4イン1RFID(近距離無線通信を利用した自動認識技術)トンネル式ゲート設備」、「顔認証無人集貨ゲートシステム」などのプロジェクトを手がけた。こうした新技術、新設備は宅配便業界の効率を高め、コストを引き下げ、効果を上げる上で重要な意義を持つ。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング