Record China

ヘッドライン:

小保方氏に残されたただ1つの道、失敗すれば「韓国人生物学者の二の舞いに」―中国紙

配信日時:2014年4月15日(火) 13時27分
拡大
15日、STAP細胞の論文不正問題に関連して、中国紙・南方週末は「日本の女性科学者小保方晴子、彼女を救うただ1つの道」と題した記事を掲載した。資料写真。
(1/2枚)

2014年4月15日、STAP細胞の論文不正問題で研究ユニットリーダーの小保方晴子氏が会見を開き、改めてSTAP細胞は存在すると発言したが、作製に成功したという第三者の詳細が明らかにされないなど、疑義は完全に晴らされていない。

その他の写真

これに関連して、中国紙・南方週末は「日本の女性科学者小保方晴子、彼女を救うただ1つの道」と題した記事を掲載した。

報道では、小保方氏の状況がかつてES細胞の論文を捏造(ねつぞう)した韓国の生物学者、黄禹錫氏に似ていると指摘。黄氏は2004年にサイエンス誌でES細胞の作製に成功したと発表し、「韓国の誇り」などとノーベル賞受賞を期待されるほどに注目を集めたが、その後の調査で捏造と判明。2009年には研究資金をだまし取ったなどとし、懲役2年の有罪判決を言い渡されている。

小保方氏も黄氏同様、新たな万能細胞となるSTAP細胞の作製に成功したと発表した当初、メディアはこぞってその偉業をたたえた。ところが、論文の不正問題により、現在は厳しい状況に置かれている。小保方氏が黄氏の二の舞にならないためには、自身が提唱する方法で第三者が作製に成功するしか道はない。第三者が作製に成功すれば、彼女の汚名もある程度は挽回できるが、作製できなければ、「第二の黄禹錫」になる可能性もあると報道で伝えている。(翻訳・編集/内山

関連記事

論文問題で小保方氏が会見=「細胞を作製し身の潔白を」「理研の失敗は明らか」―中国版ツイッター

9日、新たな万能細胞とされる「STAP細胞」の論文問題で、研究ユニットリーダーの小保方晴子が記者会見を開いた。同記者会見に関し、中国版ツイッターにも数多くのコメントが寄せられている。写真は中国版ツイッターでの書き込み。

Record China
2014年4月10日 10時44分
続きを読む

ランキング